PR
写真●日商エレクトロニクスがデモに利用した米ニシラ製品の管理画面
写真●日商エレクトロニクスがデモに利用した米ニシラ製品の管理画面
[画像のクリックで拡大表示]

 日商エレクトロニクスは、2012年10月10日~12日に東京ビッグサイトで開催中の「ITpro EXPO 2012」において、米ニシラのOpenFlow対応製品を利用して、異なるデータセンターにある仮想マシン同士を仮想化したネットワークで接続する動態展示をしている(写真)。

 複数のデータセンターをまたいだ仮想的なネットワークを設定することで、仮想マシンの所在地に依存しないネットワーク構成が可能になる。デモに採用したニシラの製品は、オーバーレイ方式のOpenFlowソリューション「NVP(Network Virtualization Platform)」である。デモでは、仮想的なネットワークへの接続や切断、接続先の切り替えなどを瞬時に行えることを示している。

 IPネットワークの構築には米Pica8(ピカエイト)のスイッチを採用した。Pica8のスイッチはOpenFlowに対応するが、今回はあえてOpneFlowを利用せず、安価で高速なスイッチとして採用しているという。Pica8のスイッチが搭載するOpenFlow機能を使えば、仮想化していない物理サーバーも仮想的なネットワークに接続できる。

 今回は構築が間に合わず展示できなかったものの、クラウド基盤ソフト「CloudPlatform」で統合管理することも可能という。