PR
写真●日本ADempiereの会の展示ブース
写真●日本ADempiereの会の展示ブース
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年10月12日まで東京ビッグサイトで開催中の「ITpro EXPO 2012」で、日本ADempiereの会がオープンソースERP(統合業務システム)ADempiereのソリューションを出展。同会に所属する野村総合研究所など5社が、それぞれのサービスや製品を展示した(写真)。

 ADempiereはオープンソースソフトウエア(OSS)としてコミュニティにより開発されているERP。日本ADempiereの会は2011年に発足し、2012年9月14日に特定非営利活動法人(NPO法人)として認可された。「一社ではなく会として活動することで、OSSであるADempiereの特性をより理解してもらえると考え設立した」と、日本ADempiereの会 理事長 田口信宏氏は語る。

 出展したのは田口氏が代表取締役社長を務めるブライト・ビジネス・パートナーズのほか、インテグラティオ、エム・ソフト、野村総合研究所、ハマゴムエイコムの5社。インテグラティオがITベンダー向けのテンプレート、野村総研がオープンソースの人事システム「MosP」と連携した「OpenStandia/Bizシリーズ」、ハマゴムエイコムがAndroidタブレットから利用できる資産管理システムとの連携など各社のソリューションを展示した。

 日本ADempiereの会では今後、SI企業だけでなくクラウド事業者などにも参加企業を拡大していきたいとしている。