PR
写真●ビーミング ライフストアの店舗
写真●ビーミング ライフストアの店舗
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通は2012年10月15日、ビームスの新業態「ビーミング ライフストア」向けに商品管理システムを納入したと発表した。無線ICタグ(RFID)を使うなどの工夫で、物流コストを半減できるという。

 ビームスはこの9月にオープンした2店舗で新システムを導入済み(写真)。2012年内に、新たに3店舗を加える予定だ。

 導入したシステムの特徴は商品管理にRFIDを使うこと。これにより、入出荷や棚卸し・売上の登録にかかる時間を短縮できる。例えば、棚卸しにかかる時間をこれまでの5分の1にできる見込みだ。

 POS(販売時点情報管理)システムに富士通フロンテックの「TeamSTORE/S」を採用。RFIDの読み取り機も富士通フロンテック製を使う。本部と店舗の基幹業務システムは、富士通の「GLOVIA smart 専門店 Pastel Plus」を導入した。

 セレクトショップではユナイテッドアローズが一部店舗でRFIDを使った商品管理システムを試験導入している(関連記事)。