PR
図 東日本復興チャンネル構想の考え方
図 東日本復興チャンネル構想の考え方
[画像のクリックで拡大表示]

 北陸総合通信局と「東日本復興支援コンソーシアム」は、東日本復興チャンネル構想を推進するため、実務を担当する「一般財団法人東日本復興推進財団」を設立したと発表した。

 東日本復興チャンネル構想は、「被災自治体による被災者(避難者)のための情報メディア」を「東日本復興チャンネル」と位置付け、その普及発展を支援していこうという構想である。既に、南相馬チャンネルが情報メディアとしてスタートしている。

 今後財団では、東日本復興チャンネル構想を推進するため、東日本復興支援コンソーシアムと一体となって、南相馬チャンネルをはじめ被災地域の様々な情報メディアの運営を支援する。この中には、視聴者の負担軽減を含む(図)。

 こうした活動を継続的に推進するために必要となる、企業などからの支援・協力の呼び掛け(CSR広告の募集を含む)に取り組む。

[発表資料へ]