PR

 米Intelは現地時間2012年10月16日、同年第3四半期(7~9月期)の決算を発表した。売上高は前年同期比5.5%減の134億5700万ドル、純利益は同14.3%減の29億7200万ドル、営業利益は同19.7%減の38億4100万ドルだった。粗利益率は63.3%で、9月に下方修正した予想値を上回った(関連記事:Intel、2012年Q3の業績予想を下方修正、法人向けPCや新興国の需要が鈍化)。

 パソコン向け事業の売り上げが伸びず、2009年第3四半期以来3年ぶりの減収となった。最高経営責任者(CEO)兼社長のPaul Otellini氏は「厳しい経済環境が続いており、第3四半期の業績に影響が出た」とし、「第4四半期に市場投入されるIntelベースのタブレットや、Ultrabook、携帯電話の継続的成長に期待している」と述べた。

 当期の売上高を事業別に見ると、パソコン向け事業「PC Client Group」が86億3300万ドルで前年同期に比べ8.3%減少した。データセンター向け事業は26億5400万ドルで同5.7%増。ネットブックやタブレット、携帯電話向け製品を含む「その他のIntelアーキテクチャー事業」は11億7700万ドルで13.9%減となった。その他のIntelアーキテクチャー事業の営業損益は2億3500万ドルの赤字で、赤字幅は前年同期の1億4000万ドルから拡大した。

 併せて発表した2012年第4四半期の業績見通しは、売上高が136億ドル(プラス/マイナス5億ドル)、粗利益率が57%(プラス/マイナス2ポイント)。R&D(研究開発費)、MG&A(マーケティング・一般管理費)は約45億、2012年度通期の設備投資は113億ドル(プラス/マイナス3億ドル)を見込んでいる。

[Intelの発表資料(PDF)]