PR

 日本デジタル配信(JDS)とメディアキャストは2012年10月18日、メディアキャストが提供するケーブルテレビ向けデータ放送システム「DataCaster」で配信している地域情報などを、JDSが提供する「CableGate サービス」に、シームレスに自動的に連携表示する新機能の提供を開始すると発表した。

 Cable Gateは、全国のケーブルテレビ事業者のモバイル向けなどWeb サイトを一括して構築・運用するサービス。ケーブルテレビ事業者の各種サービスメニュー紹介、動画コンテンツを活用した専門チャンネルのおすすめ番組情報、番組表(EPG)情報、リモート録画予約などを提供している。

 今回の両社のシステムを連携させることで、ケーブルテレビ向けデータ放送で配信している地域情報や行政情報などを、データ放送の配信情報を重複入力することなく、CableGate サービスに表示できるようになる。この結果、例えば災害などでユーザー宅へのデータ放送の配信が不可となった場合でも、モバイルネットワークを利用するCableGate サービスを通じて情報発信することが可能になる。

 既に実験として、メディアキャストが技術協力する形で、入間ケーブルテレビで2012年7月に実験を開始している。

[発表資料へ]