PR
写真●ヤフーが提供するAndroid向け無料学習アプリ「ロック学習帳」
写真●ヤフーが提供するAndroid向け無料学習アプリ「ロック学習帳」
[画像のクリックで拡大表示]

 ヤフーは2012年10月18日、Android OSを搭載したスマートフォンやタブレット端末向けに、端末の画面ロック解除操作と連動して問題を出題できる子供向け学習アプリ「ロック学習帳」をリリースした。Google Playから無料でダウンロードできる。対応するAndorid OSのバージョンは2.1以上。

 ロック学習帳をスマートフォンやタブレット端末にインストールすると、起動時やスリープ状態から復帰した際に、ホーム画面にアクセスするために必要となる画面ロック解除操作に割り込む形で問題を出題できるようになる(写真)。出題される問題に正解するまでロックを解除できないため、必然的に子供の学習機会が増えることになる。

 ロック解除操作と連動させないようにもできるほか、端末利用中にも一定時間おきに問題を出題させたりする設定なども可能。こうした強制的な手立てによる学習とは別に、子供が自らアプリを立ち上げて学習することもできるようになっている。学習意欲を高めるために、解答状況などに応じて「スタンプ」を獲得できる仕組みも用意。また、親や保護者がWeb経由で学習状況を確認できる管理画面なども提供する。

 学習問題は、国語、算数、理科、社会の4教科合計1000問で、ヒトメディアと個別指導塾TESTEA(テスティー)が作成したもの。親や保護者による設定に基づいて、小学1年生から6年生までの学年別に出題される。出題されるのは、正解を指でスライドして選ぶだけの4択式問題のため、端末操作に不慣れな子供でも迷うことなく利用でき、ずっと解答できずにロック解除不能状態に陥る心配もない。