PR
写真●走行中の東京モノレール車両(プレスリリースより引用)
写真●走行中の東京モノレール車両(プレスリリースより引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京モノレールら4社は2012年10月19日、走行中のモノレール全車両内でインターネットに接続できる公衆無線LANサービスの提供を始めたことを発表した(写真)。

 KDDIとUQコミュニケーションズ(以下、UQ)によるauスマートフォン向けサービスである「au Wi-Fi SPOT」と、auスマートフォンユーザー以外でも利用できるワイヤ・アンド・ワイヤレスの公衆無線LANサービス「Wi2 300」の2種類のサービスを同時に提供する。

 車両内に、UQのWiMAXをバックホール回線とする無線LANアクセスポイントを協力して設置することに4社が合意した。サービス開始時点で公衆無線LANサービスを提供するのは1編成(1編成は6車両)のみだが、2013年末までに8編成に拡大し、2014年3月末までに東京モノレールの全編成(20編成120車両)への導入を完了する予定だ。