PR
世界パーソナルデバイス市場のOS別台数シェア予測
世界パーソナルデバイス市場のOS別台数シェア予測
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは今後もパソコン市場で優勢を維持するが、スマートフォン市場では3位に甘んじ、タブレット端末市場では一競争者にとどまる---。こんな調査結果を米Forrester Researchが現地時間2012年10月22日に発表した。

 Microsoftはパソコン市場で長年にわたって支配的地位を維持し、販売台数ベースで95%以上のシェアを誇ってきた。過去5年間で米Appleがシェアを拡大しているものの、Microsoft優勢という様相に大きな変化はない。しかしスマートフォンとタブレット端末市場の急速な成長は、Microsoftに大きな影響を与えている。パソコン、スマートフォン、タブレット端末すべてを合わせたパーソナルデバイス市場全体で見ると、2012年におけるMicrosoftのシェアは約30%に縮小する。

 MicrosoftのWindowsおよびWindows Phoneを搭載したデバイスは過去5年間に販売台数を伸ばしており、今後5年間も引き続き増加する見通しだ。しかし2008年以降モバイル分野が急速に成長する中、Microsoftはスマートフォン市場でわずかなシェアしか獲得できず、タブレット端末市場ではほとんどシェアを得ていない。

 Microsoftの次期OS「Windows 8」については、パソコンユーザーがアップグレードを先延ばしにすることから普及するまでに時間がかかり、2014年に広く導入されるようになるとForresterは予測している。

 Forresterは、2016年のタブレット端末市場におけるMicrosoftのシェアを約27%と見込んでおり、スマートフォン市場におけるシェアを約14%と見ているが、同社内で「14%にも届かないと言うアナリストもいる」(Forrester主席アナリストのFrank Gillett氏)という。

[発表資料へ]

■変更履歴
記事公開当初、グラフの説明を「世界パーソナルデバイス市場のOS別売上高シェア予測」としていましたが、正しくは「世界パーソナルデバイス市場のOS別台数シェア予測」です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。[2012/10/24 10:50]