PR
写真●キングソフトの「KINGSOFT Internet Security 2013」(メイン画面)
写真●キングソフトの「KINGSOFT Internet Security 2013」(メイン画面)
[画像のクリックで拡大表示]

 キングソフトは2012年10月23日、Windows向けのウイルス対策ソフトの新バージョン「KINGSOFT Internet Security 2013」(写真)を発表した。新版では、最新OSであるWindows 8に対応したことやスキャン速度を高速化したこと、遠隔操作ウイルスに対して4重の備えを施せることなどを売りとしている。

 「Blue Chip 2」と呼ぶ新開発のクラウド型スキャンエンジンを搭載し、ウイルススキャン時の処理やパターンファイルの保存などをクラウド側で実施することで、前バージョンと比べてウイルス処理能力が大幅に向上(26パーセント)した。これに伴いパソコン側の負荷も軽減。同社によるテストでは、スキャン時のCPU使用率は42パーセントと前バージョン比で約20パーセント改善したという。

 スキャン処理などを実行するクラウド側のサーバーの能力増強も図られている。ウイルス処理能力は「1日当たり約1500万件」となり、アクセス受け入れ能力は「1日当たり約40億回」と前バージョン比で2倍のパフォーマンスになっているという。同サーバーには2012年10月時点でおよそ9000万件のパターンファイルが保存されているとしている。

 もう一つの目玉機能である「遠隔操作ウイルスに対する4重の備え」は、(1)外部からのファイルダウンロードやファイル操作を監視して遠隔操作ウイルスを検出および駆除する「防御」、(2)メモリー領域を常時監視し、遠隔操作ウイルスが実行された瞬間に検出および駆除する「リアルタイムガード」、(3)遠隔操作に使われる設定項目をスキャンし、危険な設定をあらかじめ修復する「アクセス阻止」、(4)レジストリーなどのシステム設定項目を常時監視し、遠隔操作ウイルスによる設定変更を警告して阻止する「ポップアラート」---という四つの機能で構成する。

 動作要件は、対応OSが「Windows XP/Vista/7/8」(いずれも32ビット版および64ビット版をサポート)で、「動作周波数1GHz以上のCPU」(Windows Vista以降は2GHz以上)および「1Gバイト以上のメモリー」(同2Gバイト以上)、「200Mバイト以上のハードディスク空き領域」などとなっている。

 製品ラインアップは、同社特設サイトからダウンロードできる「広告付き無料版」と、同社オンラインショップで購入できる有料版の2種類を用意。有料版の価格は、1年間分の利用ライセンスが付属する「1年版」が980円で、利用期間に制限のない「無期限版」が1980円となっている。