PR

 アクトビラは2012年10月24日、パナソニックがテレビ向けインターネットサービス「ビエラ・コネクト」を通して、日米欧を始めとした各国に配信する「世界遺産スペシャル」の再生アプリおよび配信システムの開発・運用を受託したと発表した。

 パナソニックは、ビエラ・コネクト向け「世界遺産スペシャル」を同日より欧州で配信を開始し、日本、米国でも順次配信を予定している。

 アクトビラはこれまで国内向けビデオ・オンデマンド(VOD)事業を展開してきたが、今回初めて海外向け映像の再生アプリおよび配信システムの開発・運用を受託した。これを機に、アクトビラはテレビ向け映像配信技術およびプラットフォームを活用した海外向け事業も展開する。

[発表資料へ(PDFファイル)]