PR

 ヤフー(Yahoo! JAPAN)は2012年10月24日、2012年4~9月期(2012年9月中間期)の連結決算を発表した。半期の売上高は1563億8300万円(前期同期比7.4%増)、経常利益867億3500万円(同8.0%増)、純利益522億2200万円(同9.8%増)で、増収増益を維持した。包括利益は526億6300万円(同11.7%増)だった。

 特別損失には、データセンター子会社であるファーストサーバのデータ消失事故(関連記事)の賠償金支払いなどに充てる「システム事故関連損失」12億2900万円を計上している。だがこれは、前四半期(4~6月)に計上済みのもので、直近四半期(7~9月)に新たな損失は発生していない。主力のネット広告事業に加えて、別の子会社であるIDCフロンティアのデータセンター事業が伸び、特別損失を吸収して純利益ベースで10%近い増益を確保した。

[ヤフーの決算資料]

■修正履歴
見出しと最終段落最終文の文意を明確にするため「損失を吸収し」という表現に変えました。また、最終段落1文目で特別損失の発生時点を明確にするため、表現を変更しました。本文は修正済みです。[2012/10/24 22:10]