PR

 日本マイクロソフトは2012年10月26日、「Windows 8」を一般消費者向けに発売した。東京・秋葉原では恒例の深夜イベントおよび深夜販売も行われ、同社の樋口泰行社長がカウントダウンを終えると同時に、各ショップでWindows 8の販売が開始された。ここでは、“Windows 8一色”に染まった深夜の秋葉原の様子を写真でリポートしよう。

Windows 8の発売をアピールする、光るラッピングトレーラーが出動。3台が秋葉原の街を走り回った
[画像のクリックで拡大表示]

日本マイクロソフトはWindows 8発売の「前夜祭」をベルサール秋葉原で開催。タレントのトークショー(<a href="http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20121025/1068244/">関連記事</a>)やライブが行われた。写真は日本マイクロソフトの樋口泰行社長(左)とライブをしたクリスタル・ケイさん。「私もWindows 8が欲しくなりました」(クリスタル・ケイさん)
[画像のクリックで拡大表示]

トークショーやライブの終了後に、マイクロソフトが用意したカメラに向かって全員で「Windows 8」コール
[画像のクリックで拡大表示]

Windows 8コール直後の会場の様子。映像は世界で配信されるという
[画像のクリックで拡大表示]

前夜祭の午後9時からのステージは、自作パソコンユーザー向けのトークショー。司会はライターの高橋敏也氏
[画像のクリックで拡大表示]

主に自作パソコンユーザー向けのパッケージであるDSP版は、オリジナルキャラクター「窓辺あい」「窓辺ゆう」を使って販促する。ステージには窓辺あいの声を担当する声優の田村奈央さん(左)と、ゆう担当の西明日香さんも登場した。
[画像のクリックで拡大表示]

ステージ右側の左から、「週刊アスキー」の宮野友彦編集長、「DOS/V POWER REPORT」の佐々木修司編集長、「日経WinPC」の江口悦弘編集長。右端はテクニカルライターの清水理史氏。「最新パーツに古いOSは適さない。Windows 8だとフル活用できる」「スタートボタンが無い不便さはフリーソフトなどを活用して工夫する」などとトーク
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料