PR
写真1●東芝のスマートコミュニティ・マネジメントシステムの展示
写真1●東芝のスマートコミュニティ・マネジメントシステムの展示
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は、2012年10月29から11月2日までパシフィコ横浜で開かれている「Smart City Week 2012」(主催:日経BP社、特別協力:横浜市)において、「スマートコミュニティ・マネジメントシステム」を展示している。災害時などに威力を発揮するという。

 スマートコミュニティ・マネジメントシステムとは、社会インフラにおいて重要性の高い情報をリアルタイムに集約して見える化するための仕組み。同社が持つ情報通信技術や制御技術、センシング技術を活用する。例えば災害時には、区域や建物ごとに所在している人数や河川の氾濫、停電や断水といった社会インフラの運営状況などを1台のディスプレイに表示する。

 このほか、横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)の概要や同社が担当しているプロジェクトマネジメントや地域全体の電力需要の予想のほか、これから着手する手するデマンドレスポンスなどの概要を展示している。