PR

 総務省は2012年11月12日、「放送サービスの高度化に関する検討会」の第一回会合を開催した。

 この検討会は、「4K・8K(スーパーハイビジョン)」、「スマートテレビ」、「ケーブル・プラットフォーム」の3テーマについて、その具体化に必要な事項を検討することを目的とする。座長には、東京大学大学院 情報学環長・教授の須藤修氏が就任した。

 今回の会合では三つの分野について、検討の目的と課題がそれぞれ報告された。スーパーハイビジョンでは、放送サービスや受信機に関するロードマップ策定を目的とする。検討課題としては、例えば「IPTVや衛星など複数の選択肢がある中で4K・8Kを放送するための伝送路としてどれを活用するべきか」「4K・8Kの導入はどのような時間軸とステップで進めるべきか」などが挙げられた。

 スマートテレビの検討の目的は、スマートテレビに関するルールの具体化とルール実現のための推進体制のあり方である。「放送の視聴者の安全・安心を確保する観点から、スマートテレビに関する放送サービスやその受信機、アプリケーションについてどのようなルールが求められていくべきか」「これらのルールについてスマートテレビに関する国際的な動きと整合性を確保するための方策と体制はどのように考えるべきか」などを課題とする。

 ケーブル・プラットフォームについては、ケーブルテレビのプラットフォームのあり方を検討の目的とする。課題は、「ケーブルテレビのプラットフォームとして求められる基本的な機能としてどのようなものが考えられるか」「ケーブルテレビのプラットフォームの主体となる者にはどのような条件が求められるか」などである。

検討に向けて三つのWGを設置

 3テーマの具体的な方策の検討は、検討会に設置する三つのワーキンググループ(WG)で進める。「スーパーハイビジョンWG」の主査は東京理科大学教授の伊東晋氏が務める。「スマートテレビWG」の主査には慶応義塾大学環境情報学部長・教授の村井純氏が、「ケーブル・プラットフォームWG」では上智大学教授の音好宏氏がそれぞれ選任された。

 各WGは、月1回程度の頻度で開催し、検討会の第2回会合(2013年1月開催予定)で中間報告を行う。検討会は、2013年3月の最終取りまとめを予定する。