PR
Acer C7 Chromebook
Acer C7 Chromebook
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは現地時間2012年11月12日、Webアプリケーションに特化した同社のOS「Chrome OS」を搭載するノートパソコン「Chromebook」の新製品を発表した。台湾Acerが手がける「Acer C7 Chromebook」を米国と英国で11月13日に発売する。米国での希望小売価格は199ドル。他の国にもまもなく販売を拡大する予定。

 Acer C7 Chromebookは11.6インチのディスプレイ(解像度は1366×768)を搭載し、CPUに米Intel製プロセッサを採用する。フルサイズのキーボードを備え、厚さは1インチ(約2.5cm)、重量は3ポンド(約1.4kg)。Googleの説明によれば、18秒以内で起動し、スリープから瞬時に復帰する。連続バッテリー駆動時間は3.5時間以上としている。

 ハードディスク容量は320Gバイトで、Googleのオンラインストレージ「Google Drive」を2年間無償で100Gバイト利用できる。HDカメラを搭載し、デュアルバンドWi-FiとEthernetをサポートする。

 すでに米国と英国で発売している韓国Samsung Electronics製の「Series 5 Chromebook 550」は12.1インチディスプレイ(解像度は1280×800)搭載で449ドルから。Intel製プロセッサと16GバイトのSDDを内蔵する。起動は7秒未満とAcer C7 Chromebookより速く、バッテリー寿命は6時間以上とAcer C7 Chromebookより長い。また、第3世代(3G)ネットワーク接続に対応したモデルも用意している(関連記事)。

[発表資料へ]