PR
写真1●ジュリー・ラーソン-グリーン氏
写真1●ジュリー・ラーソン-グリーン氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●タミ・レラー氏
写真2●タミ・レラー氏
[画像のクリックで拡大表示]

 米マイクロソフトは2012年11月12日(米国時間)、Windows & Windows Live担当プレジデントで、「Windows 8」の開発責任者だったスティーブン・シノフスキー氏が退社すると発表した。

 同氏の役割は、Windows 7/8のユーザーエクスペリエンス開発のプログラムマネージャーを務めたジュリー・ラーソン-グリーン氏(写真1)と、Windows部門のCFO(最高財務責任者)兼最高マーケティング責任者であるタミ・レラー氏(写真2)が引き継ぐ。両氏とも、CEO(最高経営責任者)のスティーブ・バルマー氏の直属となる。

 シノフスキー氏はWindows 8や同OSを搭載したマイクロソフト製タブレットである「Surface」「Windows Phone 8」の開発などを主導していた。米ロイターが2012年2月に、シノフスキー氏のことを「マイクロソフトの次のスティーブ」と取り上げるなど、バルマーCEOの後継者とも目されていた。退任後のシノフスキー氏の進路などは、明らかにしていない。

 ラーソン-グリーン氏は、Windowsのソフトウエアとハードウエアに関する開発を統括する。一方のレラー氏はWindows部門のビジネス面を統括する。