PR

 キーウェアソリューションズは2012年11月15日、Android搭載スマートフォン向けのセキュリティアプリケーション「セキュアカーテン」を発表した。「アドレス帳漏洩防止機能」、「不正Wi-Fi接続防止機能」、「覗き見防止機能」、「画面情報流出防止機能」の4つの機能を提供する。同日、アドレス帳漏洩防止機能のみを実装した評価版をGoogle Playで無償公開した。

 アドレス帳漏洩防止機能は、利用者が気づかないうちにアドレス帳情報が抜き取られる事態を防ぐものだ。アドレス帳やインターネットにアクセスできてしまうアプリがスマートフォンにインストールされた際、そのアプリが起動される前に情報漏洩の危険性を利用者に警告する。

 不正Wi-Fi接続防止機能は、設定されているWi-Fiスポット以外に接続しようとした場合に警告メッセージを表示して、不正な個人情報の抜き取りを防ぐ。また、遠隔から画面を不正にモニタリングしているアプリを検知して警告する覗き見防止機能、不正な画面キャプチャーの動作を検知した際に別の画面に差し替える画面情報流出防止機能により、IDやパスワードの漏洩を防ぐ。

 同社は同日、アドレス帳漏洩防止機能のみを実装した評価版をGoogle Playで公開した。2013年1月10日まで無償で利用できる。2012年12月上旬に同評価版をアップデートして、不正Wi-Fi接続防止機能、覗き見防止機能、画面情報流出防止機能の残り3機能を追加する予定だ。有償版の提供は、2013年1月上旬を予定する。

■変更履歴
開発元が機能説明を修正したことに伴い、記事中の表記を修正しました。当初「リモートモニタ防止機能」としたのは「覗き見防止機能」に、「画面キャプチャ防止機能」としたのは「画面情報流出防止機能」となります。本文は修正済みです。[2012/11/15 19:35]