PR

 米Dellは現地時間2012年11月16日、インフラ自動化ソフトウエアの米Gale Technologiesを買収したと発表した。同買収により企業向け事業の強化を図る。買収金額などの詳細な条件については明らかにしていない。

 Gale Technologiesは、さまざまなインフラの管理、自動化、調整を簡素化するソリューションを提供している。企業は個別のコンピュータ、ネットワーク、ストレージを組み合わせて、セルフサービス機能や自動化機能を備えた統合型インフラを構築することが可能。物理および仮想リソースを自動的に割り当てるほか、再利用可能なテンプレートによりベストプラクティスの適用を一元的に管理できる。

 DellはGale Technologiesの技術をベースにした製品を、インフラ管理ツール「Active System Manager」に組み込む。新製品はアプリケーションや仮想デスクトップリソースだけでなく、米VMwareの「vSphere」および米Microsoftの「Hyper-V」をベースにしたプライベートクラウド環境の構成管理が可能だとしている。

 また、Dellは新たにEnterprise Systems & Solutions部門を立ち上げたことも明らかにした。大企業のインフラ最適化支援に焦点を当てる。元ネットワーク部門責任者のDario Zamarian氏が、新部門のバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーに就任する。

[発表資料へ]