PR

11月16日(米国時間)、アップルの株価の終値は527.68ドルと、この半年で最低になった。同社の株価はピークだった今年9月の702ドルから約25%下落した。

アップルは、このところ「逆境」が続いている。具体的には、予測に届かない収益経営陣の再編地図アプリの失敗(日本語版記事)、サプライチェーンの問題、競合他社からの圧力の高まりといった問題だ。

Ars Technicaが10月に報じたように、「iPad」の売上げが前年比26%増だったにもかかわらず、投資家の多くは、アップルがそれまでの四半期のようにウォール街の予測を打ち破れなかったことにがっかりした。

アップルはこの2週間で、iOSソフトウェア部門のトップだったスコット・フォーストールと、リテール部門のトップだったジョン・ブロウェットを解任した。フォーストール氏の離脱は、アップルの一般社員の多くから歓迎されたと伝えられている。さらに同氏はアップルの伝説的なデザイナー、ジョナサン・アイヴと衝突していたという(解任されたもうひとりの人物ブロウェット氏は安売りで有名な販売チェーンの出身者で、アップルストアでは「顧客体験よりも利益」の雰囲気が醸成されてきていると指摘されていた(日本語版記事))。

一方、昨年から他社の新しいタブレットが市場に次々と登場している。Pew Research Centerの最近の調査によると、タブレット市場におけるアップルのシェアは依然として大きいものの、(2011年の8割から)5割程度まで下落している(日本語版記事)。

さらに、サプライチェーンの問題も指摘されている。台湾フォックスコン(富士康)の会長は最近、最新型iPhoneの大量生産が困難な状況にあることを明らかにした(日本語版記事)。「アップルはホリデーシーズンにiPhone 5を大量に販売したいところなのだが、製品が不足するかもしれない」と、ガートナー社のアナリスト、ヴァン・ベイカーは述べる。

スティーブ・ジョブズ亡き後、ティム・クック最高経営責任者(CEO)率いるアップルが、これまで同様の革新的な製品を作り続けられるのかという根本的な疑問もある。しかし、ベイカー氏は現在の株価の動きは短期的なものであり、アップルの将来に不安はないと語る。

「わたしは、クック氏は非常に有能なCEOだと思う。そして、ジョナサン・アイヴフィル・シラーエディ・キュー、そして同社の製品とサーヴィスに取り組んでいるチームをわたしは非常に尊敬しており、アップルの将来に問題はないと考えている。彼らは現在、株価の乱高下に耐えているところだと思う。重要なのは、彼らが真に革新的な新製品を市場にもたらすことができるかだ。アップルのビジネスモデルはそれに依存している

※下の画像はアップル株価5年間の変動


※この翻訳は抄訳です。

TEXT BY CYRUS FARIVAR
IMAGE BY GOOGLE FINANCE

WIRED NEWS(ENGLISH)
WIRED NEWS(日本語)

WIRED VISION
Copyright (C) 2012 CondéNet, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。