PR
画面●Facebook Messenger for Firefox利用時の表示
画面●Facebook Messenger for Firefox利用時の表示
[画像のクリックで拡大表示]

 米Mozillaは現地時間2012年11月20日、同社のWebブラウザー「Firefox」とソーシャルサービスの連携を実現する「Social API」の正式導入を発表した。同APIを利用した第1弾サービスとして、米Facebookの機能を統合した「Facebook Messenger for Firefox」をプレビュー提供する。

 Social APIは、ソーシャルサイドバー機能、ツールバー通知ボタン機能をはじめ、どのWebサイトを閲覧しているときでも友達とチャットできる機能などを提供する。

 Social APIのサイドバー機能を介してサービスを統合すると、ユーザーはタブを新たに開いたり切り替えたりすることなく、手軽に友達や家族とやりとりできる。Webサーフィンやビデオ再生、ゲーム対戦などをしている最中でも、お気に入りのソーシャルサービスとの接続を維持できる。

 Facebook Messenger for Firefoxにより、ユーザーはFirefoxブラウザー上でいつでもFacebookの友達とチャットが行える(画面)。画面右側のサイドバーにおいて、Facebookの友達によるコメント投稿や写真のタグ付けといった更新情報、チャット可能な友達などを一覧表示で確認するほか、ツールバーのボタンから直接、友達リクエストやメッセージに対して反応できる。

 Facebook Messenger for Firefoxプレビュー版は、Firefoxの最新版(バージョン17)で利用可能。最新版Firefoxをダウンロード(アップグレード)したのち、Facebook Messenger for Firefoxページで「Turn On(利用する)」をクリックするとナビゲーションツールバーにFacebookボタンが現れ、利用できるようになる。

[発表資料へ]