PR
写真●NTTドコモが運営するレンタサイクル用の駐輪場
写真●NTTドコモが運営するレンタサイクル用の駐輪場
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは2012年11月21日、東京都江東区内でレンタサイクル事業を始めた。同区臨海部の11カ所の「ステーション」(無人の駐輪場、写真)に自転車150台を配備。近日中に20カ所、300台まで増やす。江東区の実証実験として1年間程度運営し、居住者・観光客の回遊促進効果などを検証する。

 利用者はあらかじめ携帯電話・スマートフォンで氏名やクレジットカード番号などを登録。「おサイフケータイ」を駐輪場の専用リーダーにタッチすれば開錠され、自転車を利用できる状態になる。料金は登録したクレジットカードから引き落とされる。これとは別に、交通系電子マネー(PASMOかSuica)を使って会員登録・利用・料金支払いができる方法も用意する。

 料金プランは「1回会員」「月額会員」「1日パス」の3種類があり、1日パスの場合で500円(7時から22時までの間、何回でも利用可能)。

[NTTドコモの発表資料]