PR
ハードウエア暗号化機能を搭載したUSB3.0対応外付けHDDシリーズの容量4TBモデル「HD-LXV4.0TU3C」
ハードウエア暗号化機能を搭載したUSB3.0対応外付けHDDシリーズの容量4TBモデル「HD-LXV4.0TU3C」
[画像のクリックで拡大表示]

 バッファローは2012年11月21日、ハードウエア暗号化機能を搭載したUSB3.0対応外付けHDD「HD-LXVU3C」シリーズに、容量4TBモデル「HD-LXV4.0TU3C」を追加した。読み込みを高速化/保存容量を増やせるソフト「ターボPC EX2」が付属する。受注生産品で、希望小売価格は4万2210円。

 データを保存と同時に自動的に暗号化するため、盗難や紛失に遭っても情報の流出を防げる。暗号化方式にはAES256bitを採用。パスワードの設定・解除は添付のパスワード認証ソフトを使う。Windows Server 2003とMacでは暗号化機能は使用できない。

 ターボPC EX2は、ファイル圧縮技術でファイルサイズを縮小してからHDDに転送。保存サイズを実際のファイルサイズの約80%に抑えることができる。また、スピードモードでは、データ書き込み速度がUSB 2.0モデルの約5.2倍にできる。

 このほか、最大97%の低消費電力化が可能な「スーパーeco」機能を搭載。接続機器の電源連動オフ時に無駄に流れていた電流をカットする。本体寸法は幅39×高さ123×奥行き189mm、重さ約1kg。