PR
写真●GM車内で「Siri」を使う時のイメージ
写真●GM車内で「Siri」を使う時のイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 米General Motors(GM)は現地時間2012年11月27日、米Appleの音声アシスタント機能「Siri」を同社の「Chevrolet Spark」(1LTおよび2LT)、「Chevrolet Sonic」(LTZおよびRS)に統合する計画を発表した。Siriの自動車向け音声制御モード「Eyes Free」を実装したモデルを2013年に発売する。

 Eyes Freeモードでは、ドライバーが運転中にハンドルから手を離さず、視線を前方からそらすことなく、「ハンズフリー」かつ「アイズフリー」でAppleのスマートフォン「iPhone」(iOS 6搭載)を音声だけで操作できる(写真)。

 対象となるChevrolet SparkおよびSonicでは、標準搭載されているGMの情報システム「Chevrolet MyLink」とiPhoneをBluetooth経由で接続し、ハンドルの音声起動ボタンを押すと、Siriとのセッションが始められる。

 運転者は、iPhoneに登録されている連絡先への通話発信、「iTunes」ライブラリーの音楽の再生、受信メッセージの確認とメッセージ作成および送信、カレンダー情報へのアクセスと予定追加などが、音声のみで実行できる。またSiriは、Eyes Freeモードが起動している間は、Webページ表示を必要とする複雑な質問には回答しない。

 米メディアの報道(Forbes)によると、GM以外に、トヨタ自動車や本田技研工業、BMW、Mercedes-Benz、Land Rover、Jaguar、Audi、ChryslerなどもSiriの統合を計画しているという。

[発表資料へ]