PR
写真1●フリーウェイ販売管理の画面(スマートフォン)
写真1●フリーウェイ販売管理の画面(スマートフォン)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●現在地に近い顧客を地図上に表示した画面
写真2●現在地に近い顧客を地図上に表示した画面
[画像のクリックで拡大表示]

 フリーウェイジャパンは2012年11月28日、パソコンやスマートフォンのWebブラウザーから使えるSaaS型の販売管理ソフト「フリーウェイ販売管理」(写真1)を発表、同日サービスを開始した。売上管理、請求書の出力、顧客情報や販売履歴の閲覧など、営業担当者の日常業務を支援する。GPSと地図情報を連携させるなど、スマートフォンとの親和性を高めている。

 どの営業担当者がどの得意先にどの商品をいついくらで売ったのか、といった情報を入力し、各種の帳票を出力し、これらの履歴を閲覧できる。外出時に顧客情報や販売履歴を閲覧しやすくしているほか、オフィスで便利な機能としては、複数の請求書を一括してPDF化する機能などを提供する。

 外出時に便利な機能として、スマートフォンのGPS機能と連携して地図情報を活用することができる。例えば、現在地に近い顧客を地図上にピンで指し示す(写真2)、といった使い方ができる。管理者向けの機能としては、売上レポートを自動生成する機能も提供。得意先別、担当者別、商品別に、売上順位表や売上伸び率順位表などのレポートを生成する。

 なお、同社では2010年12月に提供開始した「フリーウェイ税務」を皮切りに、SaaS型の業務ソフト群を提供している。フリーウェイ税務のほかには、「フリーウェイ経理」、「フリーウェイ給与計算」、「フリーウェイタイムカード」を順次提供してきた。今回、販売管理を追加した形。今後は、顧客管理などを追加する予定である。

 フリーウェイ販売管理の価格(税別)は、同時ログインIDが4個の基本構成で、月額2980円。IDを追加する場合は、ID当たり月額1000円の追加となる。なお、通常ライセンスとは別に、フル機能を伝票1000枚まで無料で利用できる無料版(お試し版)も用意している。