PR
写真●コメントを掲載した全日空のWebサイト
写真●コメントを掲載した全日空のWebサイト
[画像のクリックで拡大表示]

 全日本空輸は2012年11月28日、予約システムの誤設定により、2013年2月の国内線を予約した顧客の座席指定を取り消したと発表した。11月26日午後6時までに購入された2013年2月搭乗分の国内線航空券の約10万6000席が取り消し対象となる。航空券の予約は無効になっていないが、座席指定の予約だけが取り消されたという。

 原因は営業担当者の操作ミス。営業担当者が11月26日に時刻表の情報を予約システムへ更新する際に発生した。営業担当者が誤って座席指定の予約情報を消去してしまったという。「担当者が操作手順を守らなかったことが原因」(広報)としている。営業担当者2人によるWチェックを行ったが防げなかった。「今後管理職も加わって確認する手順に変える。担当者に対しても手順の遵守を徹底する」(同)としている。

 対象者は同社のWebサイトや特設のコールセンターで改めて座席を指定する必要があるという。

 全日空はWebサイト上に「関係するお客様に、ご迷惑をおかけいたしましたことを深くおわび申し上げます」とのコメントを掲載した(写真)。