PR
写真●JAXAが開発中の次世代固体燃料ロケット「イプシロンロケット」(JAXA提供)
写真●JAXAが開発中の次世代固体燃料ロケット「イプシロンロケット」(JAXA提供)
[画像のクリックで拡大表示]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2012年11月30日、職員のパソコン1台がコンピューターウイルスに感染し、現在開発中の次世代固体燃料ロケット「イプシロンロケット」(写真)を含むロケットの仕様や運用に関係する情報が漏洩した可能性があると発表した。

 JAXAの調べによると、同月21日に該当するパソコンでウイルスを検知し、ただちにネットワークから切り離して調査。26日にパソコンがウイルスに感染してしまっていることが判明したという。さらに、28日には「感染したウイルスによって情報収集が実行されていた痕跡や外部と通信していた事実が確認された」(JAXA)としている。

 JAXAでは、「現在、該当パソコン以外でのウイルス感染を含め、情報漏洩の有無や影響などについて調査をしている」と断りつつ、現時点で漏洩した可能性がある情報として、「イプシロンロケットの仕様や運用に関わる情報」および「イプシロンロケット開発に関連するM-Vロケット、H-IIAロケットおよびH-IIBロケットの仕様や運用に関わる情報」の二つを挙げている。