PR
2012年10月のGoogle Playにおける売上高シェア
2012年10月のGoogle Playにおける売上高シェア
[画像のクリックで拡大表示]
2012年のGoogle Playにおける日米の売上高推移
2012年のGoogle Playにおける日米の売上高推移
[画像のクリックで拡大表示]
2012年10月のApp Storeにおける売上高シェア
2012年10月のApp Storeにおける売上高シェア
[画像のクリックで拡大表示]

 モバイルアプリケーションストアの分析を手がける企業「App Annie」が現地時間2012年11月29日にまとめた調査結果によると、米Googleのデジタルコンテンツ販売サービス「Google Play」は日本と韓国を中心としたアジアでの利用が急増しており、10月の地域別モバイルアプリケーション売上高では日本が米国を抜いて1位になった。

 日本はGoogle Playでの無償ダウンロード数が米国の4分の1だったが、1人当たりの売上高がいずれの国よりも高かった。米国におけるGoogle Playモバイルアプリケーションの売上高は今年に入って2倍に拡大しているが、日本は10倍以上と急伸している。

 米Appleのモバイルアプリケーション販売サービス「App Store」の地域別売上高は、依然として米国が最大シェア32.7%を占め、日本は14.4%で2位だった。しかし日本が毎月徐々にシェアを拡大する一方で、米国のシェアは縮小しているという。

 App StoreとGoogle Playを比較すると、10月におけるモバイルアプリケーション売上高は、App StoreがGoogle Playを4倍上回った。だが、成長率ではGoogle Playが17.9%増であるのに対し、App Storeは0.7%増にとどまる。2012年1~10月の期間で見ると、Google Playは311%増と急拡大しており、App Storeの12.9%増をはるかに上回る。

 ゲームパブリッシャーの売上高ベースのランキングを見ると、App Storeはトップ10のうち8パブリッシャーが米国と日本勢、Google Playではトップ10のうち8パブリッシャーが日本と韓国勢だった。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]