PR

 JASRACと日本アフィリエイト協議会は2012年12月3日、共同で著作権侵害対策を実施することで合意したと発表した。アフィリエイト広告サービス提供事業者と連携して、アフィリエイト広告収入を目的とする違法音楽配信による著作権侵害の解消と発生防止、健全なアフィリエイト広告事業の発展促進を図る。

 対策の内容は、(1)アフィリエイト広告を掲載している違法音楽配信サイトに関する情報共有、(2)違法音楽配信サイトの運営者に対する警告、(3)違法音楽配信サイトのアフィリエイト広告の掲載停止、(4)違法音楽配信サイトの運営者に対する広告料の支払停止――の四つである。

 JASRACと日本アフィリエイト協議会は、今回の合意の意義として、「権利者とアフィリエイト広告サービス提供事業者間における民間の連携による自主的な新たな取り組みであり、サイト運営者にとってインセンティブとなっている広告収入に対する直接的な対策でもある。適法な利用を促進し違法音楽配信根絶に向けた大きな前進になる」と説明している。

[発表資料へ]