PR

 ジャストシステムは2012年12月4日、都内で記者発表会を開催し、日本語ワープロソフト「一太郎」の新バージョン「一太郎 2013 玄(げん)」やWindows向け日本語入力システム(IME)「ATOK」の新版「ATOK 2013 for Windows」などを発表した(写真1写真2)。いずれも2013年2月8日に販売を始める。

写真1●日本語ワープロソフト「一太郎 2013 玄(げん)」およびWindows向け日本語入力システム「ATOK 2013 for Windows」のパッケージ
写真1●日本語ワープロソフト「一太郎 2013 玄(げん)」およびWindows向け日本語入力システム「ATOK 2013 for Windows」のパッケージ
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●ジャストシステムの福良伴昭社長
写真2●ジャストシステムの福良伴昭社長
[画像のクリックで拡大表示]

 一太郎 2013 玄は、前バージョンの「一太郎 2012 承」と比較して、特に電子書籍の作成向け機能を大幅に強化したことが特徴となっている。

写真3●「固定レイアウト型EPUB」形式での出力が可能になった
写真3●「固定レイアウト型EPUB」形式での出力が可能になった
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、一太郎 2012 承では電子書籍の出力形式として、電子書籍の標準フォーマット「EPUB 3」のうち、端末の向きや画面サイズなどに応じてレイアウトが動的に変化する「リフロー型EPUB」のみをサポートしていたが、一太郎 2013 玄ではこれに加えてコンテンツ作成時に決めたレイアウトのまま表示させられる「固定レイアウト型EPUB」形式での出力を可能にした(写真3)。

写真4●ジャストシステム コンシューマ事業部企画部の大野統己氏
写真4●ジャストシステム コンシューマ事業部企画部の大野統己氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「リフロー型EPUBは主にテキスト主体の文芸作品向きだったが、固定レイアウト型EPUBでの出力も可能になったことで、電子雑誌やコミックなどを作りやすくなった。テキスト主体の創作では物足りないというユーザーに対して、プロの雑誌やDTPの世界でも通用するレイアウト品質の要求にも十分こたえることが可能で、かなりのニーズをカバーできる」(ジャストシステム コンシューマ事業部企画部の大野統己氏、写真4)。