PR
画面●iOS用「Gmail」アプリ最新版で「Google Calendar」の招待へ返信
画面●iOS用「Gmail」アプリ最新版で「Google Calendar」の招待へ返信
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは現地時間2012年12月4日、米Appleのモバイルデバイス「iPhone」および「iPad」向けの「Gmail」アプリケーションをアップデートしたと発表した。ユーザーインタフェースを一新したほか、複数アカウントをサポートする。

 新版(バージョン2.0)では、最大5件のGoogleアカウントの切り替えに対応する。予測検索機能により、効率的な検索を可能にする。アプリケーション内から直接、「Google Calendar」の招待への返信(画面)や、「Google+」の投稿に対する「+1」およびコメント付加を実行できる。

 そのほか、受信トレーのメッセージリストの無限スクロール、スレッド内でのプロフィール画像表示といった機能強化を図った。

 バージョン2.0は、Appleのモバイルアプリケーションストア「App Store」から無償でダウンロードできる。「iOS 5.0」以降で利用可能。「iPhone 5」に最適化済みとしている。

 Android向けGmailアプリケーションでは以前より複数アカウントに対応していた。なおGoogleはAndroid向けアプリケーションを12月3日にアップデートしている。新版では、スクリーンに合わせた表示調整やメッセージの拡大/縮小、スワイプ操作によるメッセージのアーカイブや削除が可能になった。Googleのデジタルコンテンツストア「Google Play」から無償で入手できる。

[Googleの発表資料]