PR
写真●プライバシー設定管理ツール「Privacy Shortcuts」
写真●プライバシー設定管理ツール「Privacy Shortcuts」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Facebookは現地時間2012年12月12日、プライバシー設定を強化したと発表した。即座にアクセスできる設定管理ツール「Privacy Shortcuts」を追加したほか、アクティビティー管理ツール「Activity Log」をより使いやすくした。

 Privacy Shortcutsにより、わざわざ設定ページに移動することなくプライバシーなど主要な設定を管理可能になった。ツールバーの鍵アイコンから、「Who can see my stuff?」(誰がコンテンツを閲覧できるか?)、「Who can contact me?」(誰とつながっているか)、「How do I stop someone from bothering me?」(どのようにして迷惑な行為をやめさせられるか?)などを選んで、手軽に設定を確認および変更できる(写真)。

 Facebookと連携したアプリケーションの使用を開始する際、これまで一部のアプリケーションでは、「個人情報にアクセスする許可の要求」と、「アプリケーション利用をFacebookに投稿する許可の要求」が同時に表示されていた。

 今後はこれらを分離し、例えば音楽アプリケーションを使用する場合、自身のプロフィール情報と友達リストへのアクセスは許可しても、どのような音楽を聞いているかタイムラインに表示することは拒否するといった管理が可能になる。多数のアプリケーションが今後この新たな仕組みに従うが、ゲームアプリケーションなど一部は対応しない。

 また、ユーザーがタイムライン上で表示されないよう設定したコンテンツが、ニュースフィードや検索結果などで引き続き表示可能である場合、設定作業においてその旨を通知する。

 Activity Logの強化では、Facebookでのアクティビティー履歴をより簡単に見渡せるようにした。自身がタグ付けされた公開写真をすぐに確認できるほか、自分のタイムラインでは非表示にしたものの別の場所で表示されているタグ付け写真も素早く特定できる。タグ付けされた写真をFacebookで共有されたくない場合、「Request and Removal」ツールを使えば、複数の写真について、投稿者に対して削除を要求できる。

 今回発表した機能強化および新機能についてFacebookでは、「年末より順次利用可能にする」とアナウンスしている。

[発表資料へ]