PR
写真●「dショッピング」の商品選択画面の例
写真●「dショッピング」の商品選択画面の例
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは2012年12月18日、同社のコンテンツマーケットである「dマーケット」内において、日用品などを販売する「dショッピング」を19日10時より開始すると発表した(写真)。

 「dショッピング」は、同社の2012年冬モデルの新機種発表会で発表されたネット通販サービス(関連記事1関連記事2)。当初は水・飲料などの食品、洗剤・シャンプーなどの日用品、同社傘下のらでぃっしゅぼーやが扱う有機野菜、オークローンマーケティングが扱う通販商品など約10万点の品ぞろえでスタートする。2014年度までに200億円規模の取扱高を目指す(関連記事)。

 dショッピングの特徴は以下の4点。(1)「しゃべってコンシェル」に対応し、音声による商品検索が可能、(2)商品購入金額100円で1ポイントのドコモポイントを付与。さらにドコモプレミアクラブ会員は商品とのポイント交換もできる、(3)ドコモの携帯電話契約者が対象のため、会員登録が不要、(4)商品購入代金を携帯電話料金と一緒に支払える---といった点である。

 日用品およびオークローンマーケティングが取り扱う商品の場合、1980円(税込み、以下同)以上の購入で送料無料。1980円未満の場合は490円の送料がかかる。らでぃっしゅぼーやの有機野菜の場合は、2500円以上の購入で送料無料、2500円未満の場合で735円の送料が発生する。

 対応機種は、Android 2.2以上を搭載するスマートフォンおよびタブレットでspモード契約が必須となる。12月19日のサービス開始に合わせ、総額1億ドコモポイントをプレゼントするキャンペーンを2013年1月31日まで実施する。