PR
写真●OSS Radar ScopeのWeb画面
写真●OSS Radar ScopeのWeb画面
[画像のクリックで拡大表示]

 SCSKは2012年12月25日、情報システム分野で使われるOSS(オープンソースソフトウエア)を格付けしたレーダーチャート「OSS Radar Scope」(写真)をWebで公開した。Webから収集可能な客観的なデータを利用してSCSK独自の基準で月次で格付けする。チャートは月次で更新し、格付けの基準とともに公開する。

 客観的な指標(Webで機械的に収集できる情報)を利用して、「良質なOSSかどうか」を格付けする。指標とするメトリクスは9種類。(1)過去12カ月のマイナーリリース数、(2)同パッチリリース数、(3)提供されているドキュメントの種類、(4)サポートサービスの提供企業数、(5)Amazonでの書籍冊数、(6)メーリングリストの月間平均トラフィック(一般向け)、(7)同(開発者向け)、(8)推進している組織の種類、(9)初期リリースからの経過年数---である。

 個々のメトリクスごとにスコア化し、メトリクスごとに定められた定数(最小0.05~最大0.2、影響度は4倍の開き)をかけて重み付けし、総合評価を集計する。重み付けにおいて最も影響度が高い(定数0.2の)メトリクスは、(3)提供されているドキュメントの種類、(4)サポートサービスの提供企業数、(9)初期リリースからの経過年数---の3つである。

 格付けの対象となるOSSは、5分野102種類。5分野で最も評価が高かったOSSは以下の通り。

  • 「プラットホーム」分野:FreeBSD(スコア4.1)
  • 「ライブラリ・フレームワーク」分野:Qt(スコア3.75)
  • 「ツール」分野:Nagios(スコア3.85)
  • 「ミドルウエア」分野:Apache HTTP Server(スコア4.2)
  • 「アプリケーション」分野:Apache OpenOffice(スコア4.1)

 また、5分野を横断した全体の1位から10位までは、以下の通りである。

  1. Apache HTTP Server(スコア4.2)
  2. PostgreSQL(スコア4.15)
  3. FreeBSD(スコア4.1)
  4. Apache OpenOffice(スコア4.1)
  5. Moodle(スコア4.05)
  6. Samba(スコア4.0)
  7. Debian GNU/Linux(スコア3.95)
  8. MySQL(スコア3.95)
  9. Wordpress(スコア3.95)
  10. Apache Tomcat(スコア3.9)