PR
「防災速報」での通知画面
「防災速報」での通知画面
[画像のクリックで拡大表示]

 ヤフーは2012年12月26日、スマートフォン向け災害速報サービス「防災速報」に、現在地周辺で起こった災害の情報を自動通知する機能「現在地連動通知機能」を追加した。これまでは、あらかじめ設定した3カ所だけだったが、帰省や旅行先で利用できるようになった。

 防災速報は、ユーザーが指定した地域で、大きな災害が起こった場合、プッシュ型で通知するサービス。地震情報のほか、豪雨予報、津波予報、気象警報、噴火警報、放射線量、電力使用状況、計画停電などを速報する。2011年7月にサービスを開始した。利用は無料。

 スマートフォン向けアプリではアプリ経由でプッシュ通知する。位置情報を自動取得して周辺地域の災害情報を自動的に知らせる。位置情報の取得頻度は30分に1回。パソコンやフィーチャーホン向けには、電子メールで配信する。

 現在地連動通知機能は当初Android版のみ利用可能。iPhone版でも対応する予定だ。