PR
[画像のクリックで拡大表示]

 日経コンピュータは2013年2月5日、「第15回 パートナー満足度調査」の結果を発表した。この調査はハード/ソフトメーカーなどに対する満足度を、メーカーのパートナー企業が評価したものだ。

 今回は「PCサーバー」や「ストレージ」、「サーバー仮想化ソフト」や「グループウエア」など16部門の製品・サービスごとに、パートナー企業による満足度ランキングを作成した。

 今回の調査で1位を獲得した企業は、以下の通り。12ある評価項目ごとの満足度(スコア)や2位以下の企業については、日経コンピュータ(2013年2月7日号)を参照いただきたい。

表●第15回 パートナー満足度調査における各部門のトップ企業
日経コンピュータ/日経BPイノベーションICT研究所
部門1位を獲得した企業
PCサーバー富士通
エンタープライズサーバー富士通
ストレージ日立製作所
法人向けPC富士通
シンクライアントシステム日立製作所
ネットワーク機器富士通
ネットワークサービスソフトバンクテレコム
TV会議/ビジュアルコミュニケーションシステムポリコムジャパン
サーバー仮想化ソフトヴイエムウェア
Webアプリケーションサーバー日立製作所
データベースソフト富士通
運用管理ソフト日立製作所
ERPパッケージオービックビジネスコンサルタント
情報分析・意思決定支援ソフトウイングアーク
グループウエアネオジャパン
セキュリティ製品トレンドマイクロ

 前回調査と比較可能な15部門で見ると、7部門でパートナー満足度のトップ企業が入れ替わった。最も躍進したのが富士通だ。「PCサーバー」「エンタープライズサーバー」「法人向けPC」「ネットワーク機器」「データベースソフト」の5部門で1位の座を得た。

 1位が入れ替わった他の部門は、ポリコムジャパンが初栄冠を獲得した「TV会議/ビジュアルコミュニケーションシステム」部門、ソフトバンクテレコムが2年ぶりに首位に返り咲いた「ネットワークサービス」部門だ。今回新設した「サーバー仮想化ソフト」部門では、ヴイエムウェアが首位を獲得した。

 前回8部門を制した日立製作所は、今回は4冠にとどまった。とはいえ、同社が強みを持っている「ストレージ」や「シンクライアントシステム」、「Webアプリケーションサーバー」、「運用管理ソフト」で首位を守った。シンクライアントシステムは2連覇、それ以外の3部門は6連覇である。

 残りの4部門は常連組だ。「セキュリティ製品」部門では、トレンドマイクロが9連覇を達成。「情報分析・意思決定支援ソフト」部門のウイングアークは4年連続で1位。「ERPパッケージ」部門のオービックビジネスコンサルタント(OBC)と、「グループウエア」部門のネオジャパンは、それぞれ3連覇を果たした。

 第15回パートナー満足度調査は、日経コンピュータが企画・実施した。企画・分析では、日経BPイノベーションICT研究所の協力を得た。調査・集計は日経BPコンサルティングが担当した。調査は予備調査と本調査の2段階で実施。本調査は2012年11月28日から12月17日まで実施し、694件の有効票を得た。