PR

 韓国サムスン電子は2013年1月7日(米国時間)、「2013 International CES」に展示する新製品の説明会を開催した。

 液晶テレビは、スマートテレビ「LED F8000」を公開した。同社製テレビでは初めてクアッドコアプロセッサーを採用しており、2012年の同社製品よりも動作が3倍速いという。46/55/60/65/75型を用意。解像度は1920×1080ドット。ベゼル幅は0.25インチ。

 既存モデルよりも精度が向上した、音声やジェスチャーコントロールによるテレビ操作と、パーソナライズされたコンテンツ推薦機能「S-Recommendation」を備える。「S-Recommendation」は、単純な質問だけでなく、自然な会話も理解するレベルだという。発売は2013年3月を予定しているが、価格は未定。ほかに、85型の4K対応テレビ「UHDTV」を公開した。CES会場内では、世界最大の4Kテレビとなる110型モデルも展示する。

60型のフルHD対応スマートテレビ「LED F8000」
[画像のクリックで拡大表示]

LED F8000は、46型から75型まで5モデルある
[画像のクリックで拡大表示]

「何を見たらいい?」という質問に対し、「S-Recommendation」機能が6つの候補を提示している様子
[画像のクリックで拡大表示]

4K解像度の85型テレビ。CES会場のブースには、110型の4Kテレビを展示するという
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートテレビと同じ発想を家電に持ち込んだ、さまざまなアプリが利用できる“スマート冷蔵庫”、「T9000-LCD French-」も紹介した。冷蔵庫の扉部分にタッチ対応の液晶ディスプレイを備えており、ネットにも接続できる。例えば、オンラインデータ管理サービス「Evernote」を利用してレシピを呼び出す、カレンダーサービスで食材購入スケジュールを管理するといった使い方が可能。レシピサイトの検索や気象情報のチェックもできる。

 冷蔵庫はスマートフォンを子機として使える。例えば、スマートフォンのカメラを撮影状態にしてリビングに残しておき、冷蔵庫のディスプレイでその映像を確認できる。料理中にリビングの子供の様子をチェックするといった使い方を想定している。発売時期、価格とも未定。

左がスマート冷蔵庫「T9000-LCD French-」
[画像のクリックで拡大表示]

T9000-LCD French-は、さまざまなアプリと連携可能
[画像のクリックで拡大表示]

 デジタルカメラは、ミラーレスモデルの最上位機「NX300」と交換レンズ「NX 45mm F1.8 2D/3D」を紹介した。「2D/3Dの静止画とフルHD動画を1つのレンズで撮影できる世界初のカメラ」が売り文句。2030万画素のCMOSセンサーを搭載している。外形寸法は幅122×奥行き40.7×高さ63.7mm、重さは280g(バッテリーを除く)。2013年内に発売予定で、価格は未定。

 パソコンの新製品は、Ultrabookの「SERIES7 Ultra」と「SERIES7 Touch」を公開した。前者は13.3型のフルHDディスプレイを備えており、厚さは17mm、バッテリー駆動時間は8時間だ。両モデルとも、詳細な仕様や価格、発売時期はCES会期中に明らかになりそうだ。

2D/3Dの静止画とフルHD動画を1つのレンズで撮影できる「NX300」。写真は対応するレンズ「NX 45mm F1.8 2D/3D」を装着した状態
[画像のクリックで拡大表示]

13.3型、フルHDディスプレイのUltrabook「SERIES7 Ultra」
[画像のクリックで拡大表示]

同時に10カ所までのタッチを認識するディスプレイ一体型パソコン「SERIES7 Touch」
[画像のクリックで拡大表示]