PR
写真●Linkedinが発表したユーザー数や成長国の内訳
写真●Linkedinが発表したユーザー数や成長国の内訳
[画像のクリックで拡大表示]

 ビジネス向けSNS「Linkedin」を運営する米Linkedinは現地時間2013年1月9日、ユーザー数が2億人を突破したと発表した。

 2003年5月にサービスを開始したLinkedinは、現在19カ国語に対応し、200以上の国および地域で展開している。2012年末時点で最もユーザーが多い国は米国(7400万人)で、インド(1800万人)、英国とブラジル(それぞれ1100万人)、カナダ(700万人)と続く(写真)。

 1年前と比べ急速にユーザー数が増加している国は、1位がトルコ、2位がコロンビア、3位がインドネシアだ。モバイルユーザーに限って見た場合、1位は中国、2位はブラジル、3位はポルトガルとなる。

 また、Linkedinで最もフォローされているユーザーは、著名な実業家Richard Branson氏。2位はBarack Obama米大統領、3位は代替医療の世界的権威といわれるDeepak Chopra博士だった。LinkedInのJeff Weiner最高経営責任者(CEO)が5位に入っている。

 Linkedinは2011年3月にユーザー数1億人を突破し、同年11月1日には1億8700万人に達していた(米TechCrunch。なおユーザー全体のうちアクティブユーザーがどれくらいいるかについては明らかにしていない。

[発表資料へ]