PR
21.5型液晶搭載のフォトスタンド型「PT100E」。CPUはCeleron G550、Pentium G2120、Core i3-3220/i5-3470S/i7-3770Sから選べる
21.5型液晶搭載のフォトスタンド型「PT100E」。CPUはCeleron G550、Pentium G2120、Core i3-3220/i5-3470S/i7-3770Sから選べる
[画像のクリックで拡大表示]
ディスプレイ背面に取り付け可能な「NB51E」
ディスプレイ背面に取り付け可能な「NB51E」
[画像のクリックで拡大表示]

 エプソンダイレクトは2013年1月16日、液晶一体型の「Endeavor PT100E」とネットトップの「Endeavor NB51E」の法人向けデスクトップパソコン2機種を発売した。従来製品の特徴を継承しながら、BTOメニューを拡充した。

 PT100Eは、21.5型フルHDノングレア液晶一体型パソコン。ベースは「PU100S」で、CPUはCeleron G550、Pentium G2120、Core i3-3220/i5-3470S/i7-3770Sから選べる。オプションでバッテリーの内蔵が可能。最小構成価格は5万9430円から。

 NB51Eは、「Endeavor Sシリーズ NP31S」がベースで、APUをAMD デュアルコア E2-1800 APUに向上させた。オプションの「ディスプレイ一体型キット」を使えば、ディスプレイ背面に取り付けできる。最小構成価格は3万6540円から。

 両機種とも、Windows 7 ProfessionalやWindows 8 Proなどの企業向けOSを選択可能。また、各種設定を事前に完了してから配送する「キッティングBTOサービス」に対応する。「国際エネルギースタープログラム」に適合する。