PR

 ソニーモバイルコミュニケーションズは2013年1月21日、今春日本市場に投入予定のAndroid 4.1搭載タブレット「Xperia Tablet Z」を発表した(写真)。約10.1インチで解像度がWUXGA(1920x1200ピクセル)のフルHD対応ディスプレイを搭載する。モバイル機器向け画像処理エンジン「モバイルブラビアエンジン2」を搭載するなど、7日に発表されたスマートフォン「Xperia Z」(関連記事)と同様、映像コンテンツの表現力を重視している。厚さは約6.9mmで質量は約495g。フラットで薄型の外観デザインもXperia Zに近い印象だ。

写真●Android搭載タブレット「Xperia Tablet Z」
写真●Android搭載タブレット「Xperia Tablet Z」
ブラックとホワイトの2色で展開する。
[画像のクリックで拡大表示]

 Xperia Tablet Sに比べてカメラ機能も強化した。ソニー製の裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」を採用した約810万画素のカメラ機能を搭載。撮影シーンに応じた最適な設定を自動調整する「プレミアムおまかせオート」機能などを備える。また、タブレット搭載のスピーカーで仮想的なサラウンド音場を再現する「S-Force(エスフォース)フロントサラウンド 3D」などソニーの音質技術を多数採用する。

 NFC(Near Field Communication)も搭載し、Xperia Zと同様「ワンタッチ」機能に対応する。対応機器にかざすことで認証情報を交換し、Bluetoothや無線LANでそれらと接続。音楽や映像を転送・ストリーミングできる。プロセッサは1.5GHz動作のクアッドコア、通信機能としてLTEに対応。Xperia Z同様の防水・防塵性能を備える。本体色はブラックとホワイトの2色で展開する。