PR
「ES-G11000」
「ES-G11000」
[画像のクリックで拡大表示]

 セイコーエプソンは、A3プラス(最大310×437mm)対応のフラットベッドスキャナー「ES-G11000」を2013年2月1日発売する。グラフィックス制作時の手描きイラストのスキャンや、不定形サイズの多い美術書や古文書の電子保存などに向く。価格はオープンで、予想実売価格は24万円台後半。

 独自の高画質技術「Hyper-CCD」と「Hyperプロセッサー」を搭載し、光学解像度2400dpi・各色16ビット(6万5536階調)の高精細スキャンが可能。読み取る原稿に合わせてレンズの焦点を自動調節するオートフォーカス機能を備え、原稿ガラス面を基準に-2mmから6mmの範囲でレンズ焦点を調節する。これによって原稿がガラス面に密着していない場合でもシャープな画像入力ができる。

 読み取り速度は、カラー2400dpiで、16.0ミリ秒/line。出力インタフェースはUSB。オプションの透過原稿ユニット(標準価格10万5000円)を装着すれば、35mmストリップ6コマ×4列や、35mmマウント15コマなどの写真フィルム連続スキャンが可能。本体寸法は幅656×奥行き458×高さ158mm、重さは約14.5kg。