PR

 日本IBMは2013年1月24日、同社のIaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)である「IBM SmarterCloud Enterprise+(SCE+)」の上で、ユーザー企業が独SAPの業務アプリケーション群を稼働できるようになるサービス「IBM SmarterCloud for SAP Applications R1.1」を発表した。2月18日からサービスを開始する。

 IBMのSCE+は、1時間当たり10円からという料金で仮想マシンを利用できるIaaSである「IBM Smarter Cloud Enterprise(SCE)」に、IBMによるOSの運用を追加したサービスである。このSCE+上で「SAP ERP」などを含む「SAP Business Suite」を稼働する際に必要となる、ミドルウエアやデータベース(DB)の運用をIBMが代行するというのが、今回発表したIBM SmarterCloud for SAP Applications R1.1となる。ユーザー企業は専用のWebポータル画面から、SAPアプリケーションの運用状況などを監視できる。

 IBM SmarterCloud for SAP Applications R1.1は、SAP Business Suiteに必要なミドルウエアやDBの運用をIBMが代行するというサービスであり、アプリケーションの運用そのものは、ユーザー企業が担当する。またソフトウエアライセンスは、ユーザー企業がSAPから別途購入する。

 IBMは同時に、SCEやSCE+の機能を強化している。SCEでは、仮想マシンで利用できる最大メモリー容量を、従来の2倍となる32Gバイトに増やした。SCE+では、IBMが運用を代行する範囲を、従来のOSからミドルウエアにまで拡大。「IBM DB2」「Oracle Database」「SQL Server」に関して、DB監視やDBバックアップなどをサービスとして提供する。またデータをテープにバックアップして、遠隔地に保存するサービスも提供する。