PR
米MicrosoftのSteve Ballmer最高経営責任者(CEO)
米MicrosoftのSteve Ballmer最高経営責任者(CEO)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftが現地時間2013年1月24日に発表した2013会計年度第2四半期(2012年10~12月)決算は、売上高が過去最大を記録したが、アナリスト予測には届かなかった。昨年10月26日に最新OS「Windows 8」をリリースしたWindows事業は好調だったものの、Office関連やXbox関連事業の不調が一部相殺するかたちとなった。

 売上高は214億5600万ドルで前年同期と比べ3%増加した。純利益は63億7700万ドルで同4%減少、希薄化後の1株当たり利益は0.76ドルで同3%減少した。営業利益は同3%減の77億7100万ドルだった。

 OfficeおよびWindowsアップグレードキャンペーンの繰延収入やWindows 8のOEMへの先行販売分などを調整した非GAAP(会計原則)ベースの場合、売上高は前年同期比5%増の220億200万ドル、希薄化後1株当たり利益は同4%増の0.81ドル、営業利益は同4%増の83億1700万ドルとなる。

 事業別の売上高は、Windows事業が58億8100万ドルで前年同期と比べ24%成長した。Windows 8のライセンス販売数は1月8日時点で6000万本を突破している(関連記事)。サーバーおよびツール関連事業は51億8600万ドルで同9%増加した。

 一方、Officeなどを手がけるビジネス部門の売上高は56億9100万ドルで前年同期比10%減少。Xbox 360やWindows Phone、Skypeなどを手がけるエンターテインメント関連事業は同11%減の37億7200万ドルだった。検索エンジンBingなどのオンラインサービス事業は8億6900万ドルで11%増加した。

 MicrosoftはWindows 8のリリースと併せて、そのARM版「Windows RT」を搭載したタブレット端末「Surface with Windows RT(Surface RT)」を発売しているが、販売台数については明らかにしなかった。同社はWindows 8上位エディションを搭載した「Surface with Windows 8 Pro(Surface Pro)」を2月9日に北米で発売する(関連記事)。

 なお米メディアの報道(Wall Street JournalTechCrunchなど)によると、アナリストらは10~12月期の売上高を215億3000万ドル、1株当たり利益を0.75ドルと予測していた。同社の株価は前日比0.07%高の27.63ドルで通常取引を終えた後、時間外取引で1.5%下落した。

[発表資料へ]