PR

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は2013年1月28日、災害時におけるケーブルテレビ応急復旧システムについて、2013年2月から宮城県気仙沼市で実証実験を実施すると発表した。

 同社は、総務省 情報通信ネットワークにおける耐災害性強化のための研究開発である「災害時におけるケーブルテレビ応急復旧システム(幹線応急復旧用無線伝送装置)の研究開発」を受託し、研究開発を行ってきた。具体的には、ケーブルテレビの幹線伝送路設備(同軸、または光)が被災し復旧に時間を要する場合に、無線を用いて伝送路を応急復旧するための伝送装置の研究開発に取り組んだ。今回の実証実験は、その有効性を検証するとともに実用化を目指するために行う。

 実証実験では、宮城県気仙沼市で海上伝搬を含む1.4kmの無線伝送路を構築し、23GHz帯の周波数でデジタルケーブルテレビ信号を無線伝送し、装置の安定性や、無線伝送品質あるいは降雨による無線伝送特性の評価を行う予定。伝送するデジタルケーブルテレビ信号は、気仙沼ケーブルネットワーク(K-NET)から提供を受ける。

 なお、同様に総務省から「災害時におけるケーブルテレビ応急復旧システム(可搬型緊急用ヘッドエンド)の研究開発」を受託し、研究開発を行っているDXアンテナと共同で、2013年1月31日に宮城県気仙沼市で公開実験を実施する(関連記事)。

[KCCSの発表資料へ]
[公開実験に関する東北総合通信局からの発表資料へ]