PR
ハイ音源の再生に対応したリニアPCM記録対応ICレコーダー「SXシリーズ」上位モデルの「ICD-SX1000」。カラーはほかにレッドも
ハイ音源の再生に対応したリニアPCM記録対応ICレコーダー「SXシリーズ」上位モデルの「ICD-SX1000」。カラーはほかにレッドも
[画像のクリックで拡大表示]
下位モデル「ICD-SX734」
下位モデル「ICD-SX734」
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは、ハイレゾリューション音源の再生に対応したリニアPCM記録対応ICレコーダー「SXシリーズ」2機種を2013年2月21日に発売する。高音質に、ズームを加えた3マイクシステムを採用。スライド式USB端子で直接パソコンに接続できる。オープン価格。

 上位モデルの「ICD-SX1000」は、音楽CDの約3倍のデータ量に当たる96kHz/24bitや、約6.5倍の192kHz/24bitなどのハイレゾリューション音源の再生が可能。録音は96kHz/24bitに対応して、臨場感あふれる音質で楽器演奏や野外での録音ができる。

 3マイクシステムは、講演会やインタビューなど特定の話し相手を録音する場合は指向性の高いズームマイク、会議や音楽など広がりのある音の場合はステレオマイクに切り替える。また、最適なマイク感度を自動で設定する「おまかせボイス」機能を備える。

 録音形式はリニアPCM(WAV)とMP3。1度の録音でリニアPCMとMP3の2種類のファイルを同時に作成できる。再生方式はリニアPCM(WAV)/MP3/WMA/AAC。16GBの内蔵メモリーのほか、外部メディアのメモリースティック マイクロ(M2)/microSD/microSDHCに対応する。

 電源は内蔵リチウムイオン充電池。本体カラーは「ブラック」「レッド」。本体寸法は幅39.6×高さ110.8×奥行き14.6mm、重さは約82g。予想実売価格は2万7000円前後。

 下位モデルの「ICD-SX734」は、CD音質の44.1kHz/16bitリニアPCM録音に対応。内蔵メモリーを8GBとした。本体カラーは「シルバー」。予想実売価格は2万円前後。