PR

 NTT西日本は2013年1月29日、小規模の集合住宅向けに新たに「フレッツ 光WiFiアクセス」を1月31日から提供開始すると発表した。

 フレッツ 光WiFiアクセスは、フレッツ 光ネクストの「スーパーハイスピードタイプ隼」相当の光回線を集合住宅に引き込み、NTT西日本が設置する無線LANアクセスポイントを集合住宅全体のユーザーで共用するタイプのサービスである。1棟につき6~10戸前後が入居するアパートなどの小規模集合住宅が対象で、5件以上の契約が見込める場合に提供する。

 ユーザーは、スマートフォンやタブレット端末など無線LAN対応端末でインターネットを利用する。契約すると追加料金なしでNTT西日本の公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット」を利用できる。

 月額利用料金は1575円で、別途プロバイダ料金が必要である。プロバイダは物件オーナーが指定した1社しか選べない。最大通信速度は上り・下り共に300Mbps(IEEE802.11n対応端末で利用した場合)だが、集合住宅内の遮へい物など環境によって速度が低下する場合もある。

[発表資料へ]