PR
Accordのホームページ
Accordのホームページ
[画像のクリックで拡大表示]
Acuraのホームページ
Acuraのホームページ
[画像のクリックで拡大表示]

 本田技研工業(ホンダ)と同社の北米向け高級ブランドAcuraは現地時間2013年1月31日、米Appleの音声アシスタント機能「Siri」を一部2013年モデルに統合する計画を明らかにした。ディーラーオプションとして、ホンダの中型セダン「Accord」と、AcuraブランドのSUV「Acura RDX」および小型セダン「Acura ILX」にSiriの自動車向け音声制御モード「Eyes Free」を搭載する。

 Eyes Freeモードでは、ドライバーが運転中にハンドルから手を離さず、視線を前方からそらすことなく、「ハンズフリー」かつ「アイズフリー」でAppleのスマートフォン「iPhone」(iOS 6搭載)を音声だけで操作できる。

 対象のAccordとAcuraでは、iPhoneをハンズフリー操作システム「HandsFreeLink」とBluetooth接続し、車載マイクとスピーカーを通してEyes Freeモードを利用する。

 Eyes Free対応に関しては、2012年11月に米General Motors(GM)が「Chevrolet Spark」(1LTおよび2LT)と「Chevrolet Sonic」(LTZおよびRS)にSiriを統合する計画を発表している(関連記事:GM、Appleの「Siri」を統合したシボレーを2013年に発売へ)。

[発表資料へ]