PR

 NTTドコモは2013年2月4日、動画像の高能率符号化方式(圧縮方式)の新国際標準規格「HEVC」(H.265)で符号化した動画データを、モバイル機器やパソコンで復号するソフトウエアを、国内外の事業者向けに3月中に提供を開始すると発表した。

 HEVCは、映像機器やモバイル機器などで現在幅広く利用されているMPEG-4 AVC方式の次世代規格である。MPEG-4 AVCと比較して、同等画質の映像を、約半分のデータ量に圧縮できると見込まれている。スマートフォンを使って、いわゆるフルHD再生に対応したHEVC復号ソフトの提供は「世界で初めて」という。

 提供する復号ソフトは、HEVCで圧縮された動画データをモバイル機器やパソコンなど様々な機器の汎用動画プレーヤで再生ができるように復号化する。効率よくHEVC動画を復号するため、処理速度が追いつかないことで発生する再生の遅延やコマ落ちをなくし、スマートフォンでも滑らかな「実時間再生」を実現しているという。また汎用パソコンでは、フルHDの4倍の解像度に相当する4K動画の「実時間再生」に対応する。

 今回復号ソフトをライセンス提供することで様々な企業によるHEVC方式の導入開発を促進し、スマートフォンやタブレット向け動画サービスの高画質化および通信ネットワークの負荷軽減を目指す。

 また今後、dビデオやdアニメストアなど、NTTドコモの動画サービスにHEVCを取り入れる検討を進める。

 なお、HEVCの実演デモを2013年2月14日から開催される「NTT R&Dフォーラム」や、2月25日からスペインのバルセロナで開催される「Mobile World Congress 2013」のNTTドコモブースで展示する予定。

[発表資料へ]