PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは現地時間2013年2月6日、デジタルコンテンツ配信サービス「iTunes Store」での楽曲ダウンロードが、250億曲を突破したと発表した。

 250億曲目をダウンロードしたのはドイツ在住の男性で、記念として1万ユーロ相当のiTunesギフトカードが贈られた。楽曲は、英国人アーティストChase Buch氏の「Monkey Drums(Goskel Vancin Remix)」だった。

 iTunes Storeは2003年4月に開設され(当時の名称は「iTunes Music Store」)、2008年6月に50億曲ダウンロード、2010年2月に100億曲ダウンロードを達成した(関連記事:Apple、「iTunes Store」のダウンロード販売が100億曲を突破)。以来、約3年間で150億曲がダウンロードされたことになる。iTunes Storeは現在、2600万曲以上の音楽カタログを提供、119カ国でサービスを展開している。

 Appleインターネットソフトウエア・サービス担当上級バイスプレジデントのEddy Cue氏によると、iTunes Storeでは1分あたり1万5000曲以上がダウンロードされているという。

 またAppleは今年1月に、「iOS」向けアプリケーション配信/販売サービス「App Store」での累計ダウンロード数が400億件を突破したと発表している。このうち200億件近くが、2012年にダウンロードされた(関連記事:「App Store」のダウンロード件数が400億を突破、2012年だけで約200億)。

[発表資料へ]