PR

 ソニックスは2013年2月8日、スマートデバイス向けアプリケーション開発の指針となる「モバイルファースト開発ガイドライン」を発表した。開発指針として「UI/UX設計を根底にしたアプリケーション設計」「データ通信の最適化とユーザーストレスの軽減」「データマイニング設計と集積データの価値を最大限に高める設計」を示している。

 モバイルファースト開発ガイドライン提供の背景にある課題として同社は、(1)モバイルアプリケーションのノウハウ不足、(2)マルチプラットフォーム対応が困難、(3)Webアプリケーションかネイティブアプリケーションかの選択、(4)モバイル特有のセキュリティ対策---の4点を挙げている。

 これらの課題を解決するために策定したのが同ガイドラインであり、これを導入することで、拡張性の高いアプリケーション開発やプロジェクトの質の向上、成果物の品質向上などが見込めるとしている。同ガイドラインは、ソニックスのWebサイトからアンケートに回答することでダウンロードできる。

 同社は、Androidアプリを開発する際の「実機を使った動作テスト」をインターネット経由で遠隔実行できるようにするクラウドサービス「Scirocco Cloud」(シロッコクラウド)を提供しており、2012年10月に日経BP社が主催した「ITpro EXPO AWARD 2012」において特別賞を受賞した(関連記事)。